ミニマリストの庭仕事

ミニマリストになりたいものぐさガーデナーの庭の記録

キュウリの老化苗に追肥してみた。

 

  今一番の問題児はキュウリです。


f:id:pipita:20170614175832j:image

ポット苗を購入後、すぐに定植せずに放置していたため、植える前から老化してしまったキュウリ苗。その老化苗を植え付けたため、全然うまく成長しません。

 

右は「夏すずみ」の接ぎ木苗ですが、蔓は伸びてますが、葉っぱが小さく既にウドン粉病にかかっています。虫か病気かわからない黄色い細かい点々もいっぱい出てます。

接ぎ木苗は病害虫に強い、という定説は老化苗には関係ない話なんですかねぇ。。。

 

左は「地這いキュウリ」の自根苗。こちらは多少葉っぱは大きいのが付いてますが、成長が異常に遅い。それなのに小さい実がもう二つ付いています。

小さいけど、どちらかというと自根苗の「地這いキュウリ」の方が元気です。

品種が違うので、比較になるかわかりませんが。

 

  2012年の私の園芸ノートによると、

早い段階で下葉が黄変したひょろひょろのキュウリに対して、水をたっぷりと時々米の研ぎ汁を与えて、油かすを追肥をしたら苗が元気になって、結果豊作!という事例がありました。

 

やるしかありません!

 

水はあまり与えない主義ですが、キュウリのとこだけたっぷりの水やり始めました。

油かすも追肥しました。

残るは米の研ぎ汁ーー!